« 携帯SS | トップページ | リザエド♪ »

2006年4月15日 (土)

高校最後の文化祭【携帯】

また文化祭の季節が廻ってきた

サバイバルゲームとかなしに すんなりと決まったのはいいんだけど…どうしよう


受験もあるし
高野さんは別のクラスだし


とりあえず演劇の本でも買おうっと


結城つむぎ、今年もお手伝い

昨年の本は売却済
なので新たに必要


腰かけて本を読んでいる男性店員

結構かっこいい

じゃない!
どうしよう…声かけづらい…

ドサッと本を置いてみる

「…あ、いらっしゃいませ」

ハッとして立ち上がり
慌ててサングラスをはめる

「…あれ?
…播磨君…?」

ホッとして見ると
同じクラスの播磨拳児

「……。」

チラっとこっちを見ると、黙ってレジを打つ

「…ここでバイトしてるんだ」

ビックリ!!

「ああ
…小せぇ古本屋だからあんま人来ねぇし
空いた時間で本読めるかんな」

手際よくカバーをつけていく

「へー!!
本好きなの?」

「え……
あ うん 好きかな」

うひゃーむちゃくちゃ意外!

しかも高野さんと答えが一緒だし…

あれ?でもサングラス外すと精悍な顔付きしてたな

…意外とハマってる?

高野さんは古書と美女!!
じゃあこの場合は…古書と美男子…?


「あの…ツリ」

あ!そうだ!!

「播磨君!文化祭で演劇の脚本書いてみない!?」
「え……」




「脚本?
うけてあげればいいじゃない」

「気楽に言うなよ
テメーだって去年渋ってたって聞いたぞ」

「…私はいいの
こないだだって新しい賞とったんでしょ?」

「…ああ
けどよ、漫画とシナリオじゃ違うだろ」

「大して変わらない
ネームみたいなものよ」

「うーん…
でも こーいうの苦手だ…
クラスのヤツとかに頼まれるっていうのは」

「フッ」

「…笑うとこか?」

「いえ、去年の私と同じこと言ってると思って」

「…オメーが言った相手…お嬢か?…の答えは?」

「…秘密」

「チッ」

「どのみち受けるんでしょ?」

「ああ…でもさ、俺って不良だろ
こんなふうに馴染んでっていいのかなって」

「…今の拳児に不良の要素を探す方が難しいと思うけど」

「……。」



「…ちょっといいかねキミたち」

「はい」
「なんだ?絃子」

「…茶道部の打ち合わせじゃなかったのか?」

「現部長のサラちゃんに」
「任せたから」
「いいんだよな?」
「ええ」

「……。」

« 携帯SS | トップページ | リザエド♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55869/1416308

この記事へのトラックバック一覧です: 高校最後の文化祭【携帯】:

« 携帯SS | トップページ | リザエド♪ »